ブースターってなに?|【デジタル放送にテレビアンテナは必要】地デジアンテナ工事について

ブースターってなに?

アンテナ

テレビには電波が必要!

テレビを見るためには電波を受信しないといけません。映像や音が電波にのってテレビアンテナに来て、アンテナからブースターを通ってテレビが受信するという流れになります。そのためテレビを見るには電波が必要だし、その電波を拾ってくれるテレビアンテナ、テレビまで電波を運ぶ機器も重要な役割を果たしています。その役割の中で最も重要なのがブースターです。

その電波を大きくするのがブースター!

世界では様々な電波が飛び交っているため、地域によってはテレビの映像が乱れて見えづらい、声しか聞こえないということがあります。こういう場合は、受信電波が弱くなっているためアンテナで拾っても、テレビではジラジラして見えないパターンになるのです。そういったことが無いようにするのが、ブースターです。ブースターは弱い電波を強くして、綺麗な映像や音をテレビに届けてくれます。

設置する際の注意点って?

ブースターはテレビには欠かせない物なのは十分理解できたと思います。ブースターの効果はスゴイですが、電波が強い場所での設置は注意しましょう。そもそも電波を強く大きくする機器であるブースターが電波状況が良い強い場所で設置をすると、逆にテレビで見ることができません。また電波が弱いからといって、ダブルブースターを使用することで逆効果になるケースもあるので設置時は要注意です。