電波強度とは?|【デジタル放送にテレビアンテナは必要】地デジアンテナ工事について

電波強度とは?

アンテナ

そもそも電波強度ってなに?

電波強度とは、いわゆる電波の強さです。テレビ電波の送信局から近いなら電波は強く、遠くにいるなら電波が弱くなります。そのためテレビアンテナの種類も変わります。強い電波に適したアンテナ、弱い電波に適したアンテナの2種類です。その電波の強さに応じたアンテナにしましょう。

電波強度はどのくらいから弱い電波なのか?

気になる電波の強さですが、デシベルで表されていて、80デシベル以上なら強い電波強度。約60デシベル以上で80デシベル以下なら、中くらいの電波強度。60以下なら弱い電波強度とされています。

しっかりとテレビがみたいなら業者に依頼!

電波強度について理解しても、設置する際には様々な機器を接続したり、設置したりします。そのため、どうしても専門知識が必要になります。安全で快適なテレビライフを過ごしたいなら、専門業者に依頼することが一番得策ですよ。

テレビアンテナ工事の口コミ情報!

危うく大事故!

ネットでも自分で設置する方法など調べられるので、早速自分で行おうとしました。アンテナ設置場所がどう考えても屋根しかなく、設置に取り掛かろうとした時、アンテナが倒れて下にいたペットの犬に直撃しそうでした。こりゃ危ないということで業者に依頼しました。事が起きては遅いですからね。

プロはスゴイ!

自宅の屋根が、他の家と違って変な形をしていますが、プロに任せれば、パパッと工事を終わらせました。コレで、テレビが快適に見れる様になりました。

節約のつもりが大出費!

セルフ設置が節約と思って、ホームセンターに行きました。ネットを見ながら準備をして、いざ設置、足場も良いので自分でもできましたが、ケーブルが短い・・・。テレビまで届かないというハプニングが起きました。また買いにホームセンターに行き節約のつもりが、なんだかんだ諸々で地元の専門業者の値段と変わらない結果に。トホホです。

丁寧な業者でよかった。

テレビアンテナが壊れて、再度設置依頼をする時に専門業者に依頼しました。すると丁寧な対応で、テキパキ設置してくれたので、すぐにテレビが見れました。感謝しかありません。ありがとうございました。