業者依頼とセルフの違い|【デジタル放送にテレビアンテナは必要】地デジアンテナ工事について

業者依頼とセルフの違い

TV

安全面に明確な違い!

地デジアンテナ工事をする際は設置場所がキケンです。場所によっては屋根の上なんてこともあります。専門業者は設置のプロなので、様々な対処方法や設置方法を熟知しています。危ない場所に設置するなら業者に頼むのがベスト。

アンテナ設置が難しい

意外にもアンテナ設置は難しいです。アンテナの向く方向によっては全く映らない場合もあります。そのためしっかりとした設備で電波をチェックすることで、綺麗な電波をキャッチすることができます。なので、プロの業者に依頼することが一番良いでしょう。

費用を抑えることができるのがセルフ設置

でも、なんだかんだ知識があるので自分で行なおうと思っている方は、そのほうが工賃も掛からないので節約にはなります。しかし、知識のある人が本人しかいない、手伝う方がいないとなった場合、万が一のトラブルで対処することが難しくなります。ましてや設置中の事故の事を想定すると工賃を節約したばかりに大きな損害を得るはめになるかもしれません。十二分な人数と知識があるなら、自分で行なってもよいでしょう。ただし、一人では行なわないで下さい。

セルフ設置のトラブル

セルフ設置のトラブルで最も多いのが、アンテナのズレ。電波を受信するために向きを決めますが、その向きにアンテナを固定するのが甘く、すぐに画面が真っ暗になるケースが多いです。また、ケーブルの長さの間違いも多いです。室内にあるテレビまで届かないから買い替えるなんて声も良くありますよ。なので一番良いのは業者に依頼することです。